キレイモ

脱毛でお肌が赤くなったらどうしたらいい?

MENU

脱毛でお肌が赤くなったらどうしたらいい?

 

ムダ毛を処理するのに、脱毛サロンやクリニックで施術を受けている方も多いでしょう。

 

脱毛サロンやクリニックでは、メラニン色素に反応する特殊な光を照射して脱毛を行います。

 

何度か施術を受けているうちに、ムダ毛が生えてこなくなってくるため、自己処理がとても楽になります。

 

ですが、一方でお肌にトラブルを起こすこともあります。

 

 

脱毛をして起こりやすいお肌のトラブルとしては、「お肌に赤みが出る」ということです。

 

脱毛では、肌に光を当てて、熱の力で毛根を破壊します。

 

そのため、施術はお肌にとって刺激になりますし、乾燥しやすくなります。

 

これらが原因となって、お肌に赤みが出てしまうのです。

 

 

ただ、赤みが出てしまったからといって、心配することはありません。

 

きちんと対処すればひどくなることはないので、安心してください。

 

 

対処の方法としては、「お肌を冷やすこと」と「保湿をすること」です。

 

お肌を冷やすときは、保冷剤をタオルに包んで赤くなったところに当ててください。

 

直接当ててしまうと、冷えすぎてしまってお肌によくありません。

 

 

また、全身脱毛などをして広い範囲で赤みが出ている場合は、タオルを冷やして当ててください。

 

タオルを当てる場合は、すぐに暖かくなってしまうので、何枚か用意して冷えた状態を続けられるようにするといいでしょう。

 

 

このような対処をしても、赤みが引かないことが稀にあります。

 

そのような場合には、施術をしてもらった脱毛サロンのスタッフさんに相談してください。

 

脱毛サロンへ相談しておくと、次回の施術から赤みが出ないように照射レベルを調節してもらうことができます。

 

 

冷やしても赤みが引かないときはやけどになっている可能性があるので、皮膚科への受診を勧められる場合もあります。

 

自己判断で大丈夫と思わずに、赤みが引かないときはサロンに相談して、必要があれば病院に受診をしてくださいね。

 

このページの先頭へ